つくえのブログ~自分の「個性」を体験した話~ - 就労移行支援事業所ユメキット

ブログ

つくえのブログ~自分の「個性」を体験した話~

① 紙に中くらいのリンゴの絵を描いてください。
② その絵を自由に怖い絵にして下さい。


こんにちは、利用者のつくえです。
病気や生活など制約が多いと辛いこともありますが、
その中でも個性を伸ばしていけたらと私は思っています。
調べてみると、「制約がある方が個性が出る」結果になった実験がありました。
内容はとても簡単で、上の実験は絵を描くだけでそれが体験できるというもの
です。

皆さんはどんな絵が完成しましたか?

この質問では、殆どの人がリンゴに目や口を描いたそうです。
私もそのうちの一人です。

しかし、「リンゴ自体には手を加えず」という規制・縛りを付け、怖い絵を書いてもらうと一人も絵の内容が被らないという結果になったそうです。
ナイフが刺さったリンゴや戦地に転がるリンゴ、
私は自室の入り口から転がり迫るリンゴを描きました。

この結果から「個性=人とは違う」と勘違いしてしまいがちですが、
違うと思います。
限られた中で何とかしようと工夫し「今まで培った経験が絵に反映された」から、結果的に誰も被らなかったのだと思います。
生きてきた経験、培ってきたものが「個性」なのではないかと感じました。
自分には個性とかないだろうなって思ってたけど、ちゃんとあるものなんですね。
私は、この小さな個性を大切にしていきたいと思います。